おねしょ

上の子(5歳と4ヶ月)がおねしょした。

嫁の実家で、、、

夜におしっこさせたんだけど、そのあとジュースをゴクゴク飲んでたもんな。

2足歩行

下の子が片手を持つだけで、歩くのが上手になってきた。

 

生まれて1年と2ヶ月だけど、もうちょっとだね。

人差し指の腫れ物

人差し指に腫れ物ができた。

 

f:id:rarao1048:20170608094220j:image

 

3日前くらいから徐々に大きくなっていて

昨日は仕事が手につかないほどに、、、、

今日は我慢できずに病院に、対応がいいので百道の山王病院へ。

 

膿も溜まってないようで、薬が出るのかなー。

サイトを見ると膿がでるようになるのは時間がかかるらしい。

 

たまらんなあ。

週末は船釣りのため、何とか治したいんやけど、、、

上の子のノロウイルスが治った

正確にはノロの疑いだけど、

初日に4回ほど吐いて、

あと4日は下痢を一日一回するような

感じでした。

 

初日に吐いたときは、ウイルスが活発なときなので、あまり食べさせず、食べさせても雑炊など軽いものにしたので良かったのかも。

 

無事治ったので安心です。

 

共働きなので、病児保育にすごいお金がかかったけど、家族が無事なことが一番です。

 

粗大ゴミの持ち込み

持ち込みで粗大ゴミの処分に行ってきた。

 

先週まで持ち込みができることは知らず、

粗大ゴミはコンビニでシールを買って、

電話して回収してもらうしか方法がないと思ってた。

 

長年、我が家の部屋のスペースを取っていたリクライニングの座椅子が処分できたのはうれしい。

 

福岡市の粗大ゴミの持ち込みの

手順は以下のとおり。

 

■1.事前に持ち込みの電話をする。

092-433-8234

に電話。

 

持ち込むゴミの種類と大きさと持ち込み時間にについて聞かれる。

 

自分が捨てたのは

・自転車

・製図台

・座椅子

・プラスティックのCDホルダー

※PC,PCモニタは断られた。

 

最後に受付番号を教えてくれるので、

メモが必要。

 

インターネットでも申し込めるみたいだ。電話代が惜しい人はこちらをオススメだ。

https://uketuke-kankyo.city.fukuoka.lg.jp/eco/home.do

 

■2.ゴミを積んで現地へ

自分は西武資源化センターに行った。

 

土曜日は16時までしか受け付けてくれない。

理由は、かなり人が来るためだと思う。行ってみて分かったけど、車でかなり並んだ。

 

子供と一緒に行く場合は、事前にトイレに行っておくことをオススメする。

 

車を受付所に乗り付けて、受付を行う。

受付では車の重量を測られる。

 

帰りに再度、測られて減った重さから料金を支払う。

 

受付番号を伝えると車で不燃物と可燃物の場所までいくように指示された。

 

どちらも奈落の穴みたいなところの近くに車を止めるよう係員の人に指示される。

 

不燃物は作業員の人が協力して、捨ててくれる。

 

可燃物は自分で穴にゴミを放り込んだ。甘いものなら協力してくれると思う。

 

■3.料金を支払って帰る。

再度、受付所に車で戻って、重さを図って料金を支払う。

 

自分は50kg減ってたので700円かかった。

20kgくらいかなと思ってたけど意外とかかってた。

 

■最後に

自分から捨てに行ける分、捨てやすさは持ち込みの方がいいね。でも、捨てるのに半日は費やされるから、計画を立ててまとめて行ったほうがよいと思います。

 

■廃棄物の搬入について

https://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/kanri/life/03.html

 

 

車で時間帯通行禁止の道を走って切符切られた

嫁が。

 

通行禁止なら、道の前で注意してほしいよね。

 

入れ食いだったみたいで、車の行列が出来てたらしい。

 

7000円の罰金と2点の減点。

 

1年間無事故無違反だったら、復活するらしい。

上の子の病気はノロウイルス?

かかりつけの病院に嫁さんに行ってもらった。

 

もしかしたらノロウイルスと言われたらしい。

最近流行っているそうだ。

 

確かに夜中やたらに喉乾いたと、起きて水分を取ろうとしていた。

 

 

お医者さん曰く、なるべく食べないようにしたほうが治りが早いとのことで、朝ごはんは抜き。

 

今日の昼から、雑炊とかライトなものを食べさせたほうが良いとのこと。

 

早く良くなって欲しいな。

 

 

嫁さんは仕事休んで看病してくれてます。

 

最近子供関連で休みと早退が多く、会社の人に迷惑をかけてしまっていることを、申し訳なく思ってるみたい。